タグ: もつ鍋 コラーゲン

愛媛のもつ鍋うまいけん

肉とホルモンでダイエットとスキンケア

⏰この記事は約 4 分で読めます。

いくらダイエットをしてもなかなか痩せない!

と感じていませんか?

野菜ばかり食べていれば 痩せる という訳ではないようです。

肉を減らすとことは タンパク質を不足させることで

筋肉が減り運動しても脂肪が燃えにくくなります。

少なくとも、1回に手のひらの大きさ分程度の赤身肉を

週3回は摂ることを心がけましょう。ダイエット中に

胸が小さくなりたくないなら、肉に含まれるタンパク質を摂取しましょう。

 

 🙂 ダイエット中でも肉が必要なワケ 🙂 

1.肉は体を燃焼させるようにする

肉を減らすとことは タンパク質を不足させることで

筋肉が減り 運動しても 脂肪が燃えにくくなります。

脂肪を燃やすには 肉以外にはほとんど含まれてい「L-カルニチン」が必要です。

 

2. 肉は脂肪になりにくい!

肉は消化・吸収に時間がかかるので、

野菜よりカロリーは高めですが、身につく分は少ないのです。

 

3.肉を食べないと 代わりに 甘いものがほしくなる

肉には「甘いものが食べたい」という欲求を抑える「チロシン」が

含まれていて それがないからです。

 

4.たるみも肉不足で増えることが

タンパク質不足で筋肉が不足するためです。

 

5.バストが減らないダイエットへ

ダイエット中に 胸が小さくなりたくないなら

タンパク質を摂取しましょう。

よくアメリカ人の女性で

胸は大きくても 他は痩せていて 程よく筋肉がついている感じで

ただ単に痩せてひょろっとしている感じではない人がいますが

アメリカはよく肉を食べますね。

 

6. リバウンドも防げる

体重が減っても タンパク質を減らさないと

体重をキープしやすいです。

 

これらの理由で 肉がダイエットに悪いイメージは

少し変わりました。

 

ダイエットに良い肉の選び方

1.赤みが濃い肉を選ぶ

赤みの濃い肉ほど「L-カルニチン」が多く含まれています。

特に牛肉の赤身に多く含まれており、

オーストラリア産のオージービーフなどオススメ

2.ダイエットの定番のささみはよくない

鶏のササミには「L-カルニチン」がほとんど含まれていません。

なのでダイエットにはあまりオススメできません。

3.安くてもこま肉は使わない

脂身が多くて取り除きにくいので、オススメできません。

これらの条件を全て満たしている肉が入っていて、大変美味しいです。

 

賢いお肉の食べ方

1. 一日100gがおすすめ

少なくとも、1回に、手のひらの大きさ分程度の赤身肉を、週3回は摂ることを心がけましょう。

週に3回って意外と多いです。

野菜のみのダイエットをしようと思っていましたが

大変嬉しいです。食べ過ぎに注意ですが。。

2. できるだけカロリーを抑えるように調理する

脂身を取り除いたり、冷しゃぶなどにして余分な脂を落としたり

した方がいいです。

3. 焼くときに油をひかない

 
4. グリルやオーブンや鍋を使う

グリルやオーブンで調理すると余分な脂が落ちてくれます。

煮る・蒸す・茹でるといった調理法でも余分な脂が落ちます。

5. 食べる順番も大切

量が同じでも、食べる順番が異なるだけでダイエットになります。

「野菜など繊維質」→「肉などたんぱく質」→「ご飯など炭水化物や糖質」この順番で食べる。

 

 

 

 

もつ鍋の美容効果

さて、もつ鍋と聞きますと、

コラーゲンが含まれていて肌にいいと聞きました。

けれどもコラーゲンのみは肌にはあまり届かないようで

コラーゲンとビタミンCを一緒に摂ることで、

お肌に運ばれるコラーゲン量が増えます。

もつ鍋にはキャベツ・ニラ・もやし・にんにくなどの

お野菜が一緒に入っているので

それらの多くのビタミンCはコラーゲンの生成を助けます。

もつ単体ではあまり期待できないので

もつ鍋はコラーゲン摂取に最適ですね。

一日のみ食べるだけで 次の日違う!

とは感じられませんが継続してみようと思います。

 

継続してコラーゲンを摂取して

肌の状態を見ていきたい方にはおすすめです。

肉やホルモンはダイエットやお肌に良くない

という考えが変わりました。

たまには特上のお肉を家で味わってみるのも

いいかもしれませんね。