スキンケア » 乾燥肌 »

あなたへのおすすめ診断チェック

あなたの素肌に合ったスキンケア、知ってますか? 季節や年齢によりお肌も、お手入れ方法が変わります。「美容と健康のピッタリな商品を紹介」のスキンチェックで今のお肌の状態を知り、あなたに一番合ったお手入れ方法を、「62」点のスキンケア商品の中からお探しします。
以下の問いに答えるだけ! 所要時間約10秒

30代からのスキンケア

肌の水分の巡りを良くし見た目年齢を変える。

見た目印象のカギとなるのは「頬」です。

年齢と共に減少していく肌水分は見た目年齢に影響しています。

オルビスユーは、細胞の膜に存在するアクアポリンという水の通り道を発現させる成分を配合。

これにより、肌三層にしっかりと水分が巡り若々しい潤いのある肌を作ります。

オルビスでのお買い物が初めてという人は、トライアルセットに今治のタオルがついた体験セットを税込1,000円で購入することができます!

オルビスのエイジングケアシリーズ「オルビスユー ローション」はお手頃なお値段で購入できてしっかりエイジングケアをしてくれます。

 

みなさんが「オルビス」という社名を聞くとどんなイメージを抱きますか?

  • 力を入れているニキビケア
  • サッパリしてオイルカット
  • 価格がお安め

などの基本的に「若い子の使う化粧品」というイメージが個人的にはありました。

ところが「オルビスユー」 は30代からの基礎化粧品です。

オルビスユーは通常のニキビケアなどの商品よりも2~3割程度、価格が上がっています。

オルビスユーは以前ブライトニングジュレウォッシュで、泡立たない、ジュレ状の洗顔料でした。

普通、洗顔と言ったら手のひらやネットで泡立てて洗いますよね。

泡立てる必要がないから、その分時短になりましたが、泡立つ方が私には合っています。

orbis wash

今までにあまりなかったような深く癒されるようなそれでいて自然な香りです。

潤いを取りすぎる心配もなく、洗顔後の肌はスキンケア後のようにしっとり。

可愛いデザインの箱に入っていて、お手頃価格で1週間試せるのは有難い限り。

“とろぱしゃ”の使い心地をあなたもぜひご体験ください。

 

 

目元、口元の小ジワ、それも乾燥が原因!?

特に目の周りや口の周り·額などは、皮膚が特別薄いため 乾燥ジワのできやすい部分となっており、 肌が細かく縮んだような見た目から 「ちりめんジワ」とも呼ばれています。 徐々にちりめんジワの細かいシワ同士が結びついて太くなり 真皮性の深いシワに進行していってしまうため、 早めの対処が重要となります。 特に気温も湿度も1年で最も下がる時期の肌は、 水分も油分も不足してカラカラの状態。 この乾燥小ジワが原因かもしれません。 乾燥による目元、口元の小ジワを放っておくと、 くつきりとした深いシワに変化します。 保湿で改善されることもあるため、特に冬の時期は とにかく保湿ケアを徹底しましょう。 いつものお手入れにプラスして潤いを高めるケアが大切です。

第1段階

乾燥によって小ジワが増加

第2段階

表情ジワが戻りにくくなる

第3段階

シワが深くくっきり残る

 

年齢と共に保湿成分が失われていくから!

肌老化を防ぐためにもっとも重要なことは保湿ケアです。 年齢と共に肌細胞の水分はどんどん失われてゆき、 みずみずしいハリが失われてゆきます。 ハリが失われる事でシワや毛穴の開き、 たるみなどにも大きく影響を与え、 肌のターンオーバーも遅くさせるのです。 みずみずしいハリが失われてゆくということは 肌細胞がどんどん垂れ下がっていき、 イメージするならばたるんで広範囲にできた、 しぼんだ風船のような状態です。 常に十分な保湿としっかりと保護をすることが 美肌への大きな一歩です。

 

表情のクセが付いてしまっている?

ウェットティッシュを折りたたんでもその折り線は定着しませんが、 折り紙を折るときは、しっかりと折り線が付きますよね? これ、実は皮膚も同じなんです。 しっかりと水分を含んだ弾力ある肌なら、 笑ったときにシワができたとしても元に戻ります。 しかし、乾燥して乾いた肌についてしまった場合は 元に戻ることはありません。 眉をひそめたときにできる眉間のシワ、 目を細めたときの目じり·目の下のシワ等、 毎日無意識にしてしまっている表情の癖を繰り返すことで 変化していってしまうのです。 保湿をしっかりとして肌を柔らかく保つことも大切ですが 日頃の表情を意識することも重要なのです。

 

紫外線によってダメージを受けているから!

紫外線を浴びることで、皮膚のコラーゲンを切断する酵素や エラスチンを変性させる酵素が発生し ハリや弾力が失われることによりコラーゲン繊維による 支える力の弱くなったお肌は重力にひっぱられるように 下へ下へと移動していきます。 若い頃は、新しくコラーゲンやエラスチンを作る能力が 盛んなため気になりませんが、年齢を重ねた肌は 新しい線維を作る力が衰えてくるため蓄積されてしまうのです。 紫外線を過度に浴びると、肌の乾燥にもつながるとされているため 原因の1つとも言えるでしょう。

 

普段の食生活が乱れているから!

私たちの身体は食べたもので出来ています。 どのような食べ物をどんな風に取り入れたかが 身体に大きく影響してしまいます。 食べる量·時間がバラバラであったり、 欧米化された食生活を送り続けていると 肌も体調も優れないといった事態に陥るのです。 特にビタミンCや、コラーゲンが多く含まれた食べ物は 乱れた食生活で不足しがち。 不足してしまっては肌の潤いやハリ、透明感などの 美しさが損なわれたままになってしまいます。 自らの食生活を見直し、必要な栄養素を取ることで肌が健やかになります。 また、内側から取ることが難しい場合は、 外側からも必要な栄養素を補うことが重要なのです。

 

スキンケアで擦ってしまっている?

スキンケアの時、無意識に力が入りすぎてしまうことってありますよね。 特に、目元。ポイントメイクをスッキリ落とそうとするほど ゴシゴシと擦ったり、気になるシワを伸ばそうと 押さえてしまってはいませんか? それは肌に大きなダメージとなってしまっているかもしれません。 肌を守るには、ゴシゴシと洗ったり力を入れて扱うのではなく、 優しくスキンケアをしてあげることが重要。 洗顔の後、タオルで水分を拭き取る時にも擦らず、 そっと押さえるように。 特に目の周りは出来る負担がかからないようにしましょう。 乾燥肌には保湿が最も大事です。

 

保湿力の高い保湿成分

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、大きく低分子と高分子の種類に分けることができます。 低分子のものは浸透性が高く肌内部の保水力を高め、 高分子のものは肌表面の保湿やパリア機能強化に働きかけます。 またヒアルロン酸を肌に蓄えておくためにはビタミンCが欠かせません。 ビタミンCが不足すると、ヒアルロン酸が肌に留まることなく排出されてしまうため、保湿効果を発揮しにくくなってしまいます。

 

ヒアルロン酸の種類

低分子ヒアルロン酸 ・・・従来のヒアルロン酸と比べ、素早く吸収される 浸透型ヒアルロン酸 ・・・角質層深くまで届く保水型ヒアルロン酸など ・・・水分保持力に優れた高分子ヒアルロン酸 ・・・低分子ヒアルロン酸よりも体内で長く滞在することが出来る 3Dヒアルロン酸 ・・・立体構造でハリと潤いを与える バリア型ヒアルロン酸 ・・・皮膚表面を覆って蒸散を防ぐ 高吸着型ヒアルロン酸 ・・・双保湿機能を持続させる などがあります。

 

コラーゲン

大人のキレイに大切なコラーゲンは 加齢とともに大きく減少してしまいます。 しかも、補っても間に合わない…という状態ほど、 減少スピードは加速していく傾向にあります。 • ハリのある毎日を実感したい方 • 先進の年齢美容を求める方 • コラーゲンをとりたい方 • ワントーン明るい美しさを目指す方 • 潤いに満ちた日々を過ごしたい方 などには紅茶、コーヒー、スープ、ヨーグルトなど、 お好きな物に溶かしてお召し上がり出来る粉末タイプで 摂取することもおススメです。 また料理に混ぜてもおいしく召し上がれます。

 

セラミド

天然セラミドとは? セラミドには様々な種類があります。 セラミドは元々、人の肌に存在する成分。 加齢や睡眠不足、日々のストレスなどによって、セラミドは減少し、 肌のバリア機能が低下する原因になっています。 その結果、乾燥敏感肌などの肌トラブルを引き起こしやすく、 肌悩みの尽きない負のサイクルに陥ってしまいがちです。 その中で、「天然セラミド」は天然由来で、 人がもともと持つセラミドに近いため、肌なじみが良く 角層の隙間を満たすようになめらかに肌を整え、 乾燥や外部刺激から肌を保護します。 それなので、人が元々持つセラミドに近く、 高い保湿·保護効果の期待できるセラミドがおススメです。

顔だけでなく、「手・ひじ」「背」「足先・すね」など全身に潤いを与えたい方は飲むタイプのセラミドがおススメです。

defencera

オルビス ディフェンセラは高純度セラミドの3段階バリアで構成されています。
ディフェンセラに配合されている肌に3段階の”うるおいバリア”を形成する高純度のグルコシルセラミドが、水分の蒸発を防ぐ肌を作ります。

良質な玄米1トンから1~ 2gしかとれない希少なセラミドから、さらに不純物を取り除いたものです。

体内に吸収されやすいため、食品に含まれているセラミドよりも、うるおいを感じやすいのです。

 

乾燥対策の4つのお手入れ

Point 1

カラッカラの乾燥したお部屋の湿度を上げる。 部屋の湿度は40~60%程度が理想的ですが、冬場は10%代の日も。 加湿器はもちろん、濡れたタオルや洗濯物を室内に干すこともおすすめです。

Point2

お風呂上がりは要注意! すぐにスキンケアを。 入浴後は体温が上昇することで肌の水分が蒸発し、とても乾燥しやすい状態。 お風呂上がりには、とにかくすぐに保湿ケアをすること。

Point 3

洗顔は38℃くらいのぬるめのお湯で。 熱いお湯で顔を洗うのはNG。 肌に必要な皮脂や保湿成分が根こそぎ流れてしまうこともあります。 ぬるま湯での洗顔が理想です。

Point4

体の内側からも食べ物で乾燥対策。 肌の乾燥が気になる時に積極的に補給したい栄養素はビタミン類で、 特にビタミンAは必須です。また鉄分を摂ることもおすすめ。

乾燥肌に関する記事