健康 » サプリメント »

コレステロールについて

脂質異常症という疾患をご存じですか?

基準値より血中の中性脂肪や、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が高い状態を、脂質異常症と言います。HDLコレステロール(善玉コレステロール)が 逆に、基準値よりも低い状態も、脂質異常症と言います。動脈硬化を発症するリスクを いずれの場合にも高めます。 心筋梗塞や狭心症などの、血管系疾患を誘発する恐れも、動脈硬化はあります。 こういった、危険な状態の始まりが、脂質異常症と考えることもできるのです。

脂質異常症は、次の3つに分けられます。

  • 高LDLコレステロール血症
  • 低HDLコレステロール血症
  • 高トリグリセライド血症(高中性脂肪症)

コレステロールを下げるためのサプリメントもありますが、

お腹の中で混ざると相性が悪いサプリメントもあります。

 

飲み合わせをサプリメントを飲むときに考える必要性

数え切れないほどのサプリメントが売り出されていますので、最近は、いくつかのサプリメントを併用している人も珍しくありません。

プラセンタ、マルチビタミンやカルシウム、DHAなど色々なサプリメント商品を組み合わせて摂取している人もいることでしょう。いくつかのサプリメントを一緒に飲み合わせているケースは実際、めざらしいことではありません。

特にサプリメントの使用が盛んなアメリカは、健康管理に1人で4種類も5種類もサプリメントを使って役立てているような人もいます。

まとめて摂取するような利用方法をする人は、もし飲み合わせに問題があるのなら、いないはずです。ですから、神経質になる必要はあまり飲み合わせに関してはないとも考えられます。

ですが、サプリメントと併用するものが病院で出される薬なら、気をつけなければいけません。問題が生じる場合が、サプリメントと薬の飲み合わせには、多々あることが知られています。

血圧の薬やコレステロールの薬、はたまた糖尿病の薬など色々な種類がありますが、これらの薬の場合はサプリメントとの飲み合わせには特に注意が必要だと言われています。

血圧をうまく下げることができなかったり、血液をさらさらにする、コレステロール値を下げる薬を既に処方されている場合は、サプリメントを摂取する必要もない場合があります。

サプリメントを飲む際には、薬を常に服用している人の場合は、必ず医師に相談してから飲み始めるようにする必要があります。病気の治療に差し障りが出てしまう可能性が、飲み合わせが悪いと、大きいので決して楽観的に考えずにきちんと確かめてからサプリメントの摂取を開始しましょう。


病院でコレステロールを下げる薬を処方されていない方で、コレステロール値が気になる方はコレステ生活【機能性表示食品】 がおススメです。

 

松樹皮由来プロシアニジン(プロシアニジンB1)が含まれるので、総コレステロールや悪玉(LDL)コレステロールを下げる機能があります。

他の疾患に繋がる前に、コレステロール対策から始めてみましょう。

サプリメントに関する記事